食料人類のネタバレ、無料試し読みできる方法

食料人類のネタバレと無料情報をお届けします

食料人類 2巻 第12話【人類初の増殖種がナツネだった件が衝撃的すぎる】 ネタバレと無料試し読みできる方法

食糧人類

ネタバレ、2巻11話を読んだ感想、食糧人類を無料で試し読みできる方法♪

f:id:love-love-comic:20170410221100j:plain

 まんが王国は登録不要で無料試し読みできます。
⇒まんが王国はこちらから

 

あやです♪

 

 

 

 

前回のあらすじ

shokuryo-jinrui.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

12話あらすじ

警察が続々と駆けつけて

 

周辺は異臭騒ぎによる住民の避難が続いています。

 

 

ナツネの母親は2年前 施設内で妊娠後 逃走。

 

今でこそ溶けた餅状態になっているが、

 

昔はかなりイイ女だったそうです。

 

「ゆりかご」の警備員とねんごろになって

 

その警備員と行為中にイチモツを噛み切って逃走

 

警備員は出血多量でオダブツだったそうだ(>_<)

 

 

つまりナツネは人類初の完全増殖種。

 

警察の津島はナツネを連行しようとしますが、

 

餅のように膨張した母親がまだ息があり

 

津島を押さえつけます。

 

他の警察官が駆けつけ母親に発砲しますが、

 

流れた血でナツネに

 

にげて

 

と書き

 

ナツネは泣きながら団地の部屋から

 

飛び降りてしまいます。

 

地上5階でしょうか?

 

ナツネは駆けつけたパトカーに

 

轢かれてしまい パトカーの横に

 

ナツネの下半身だけ発見されます。

 

 

事情に詳しい津島は上半身に逃げられないよう

 

追いかけますが、ナツネは下水道に入り

 

中を這いずり逃げていきました。

 

ママに言われたから

 

痛くても逃げなければいけないに

 

気づくと痛くありません。

 

 

何とナツネの足が再生していくのです。

 

 

それから数年後・・・

責任と取らさせて警察をクビになり

 

現場の警備員をしていた津島に

 

話しかける青年が現れます。

 

それがナツネでした。

 

俺は何者だ

手短に答えろ

 

 

ごたくを並べる津島の鼻をナイフで切り裂きます。

 

ナツネは津島に対して

普通の人間は指を切り落とすと

二度と生えないらしいな

 

俺は普通の人間の気持ちがわからない

だからためらったりしない

一刻も早く行った方がいいぞ

 

と言いながら津島の指をどんどん

切り裂いていきました。

 

 

ナツネ自身の調査で分かったのは

 

ある施設で開発・品種改良された

特殊な人種らしい。

 

最大の特徴は異常なまでの高い再生能力

 

腕一本 脚一本

下半身等 欠損しても

中枢神経を破壊されない限り

再生し続ける

 

死ぬまで肉を供給し続ける

 

そのためだけに生まれた

 

ママは俺を生産するためだけの

 

材料だったが

 

施設を脱走して街に身を潜めてナツネを産んだ。

 

だとすれば俺のこれからやる事は決まっている。

 

ママを殺し俺を作った奴らに会いに行こう。

 

会ってこの落とし前をキッチリつける

 

 

次話に続く・・・

 

 

 

☆感想☆

ナツネがなぜ脱走しないで

施設ゆりかごへ留まっていたのが

分かりました。

 

そしてこのまま施設をぶっ潰す事だけを

 

考えてストーリーが進んでいくと想像します。

 

今後、ナツネがどのように巨大生物たちに

 

立ち向かうのでしょうか?

 

 

 私は「まんが王国」で食糧人類を読んでいます。

日本最大級のサイトだから安心なのと

登録不要で試し読みも出来るのがオススメです。

→まんが王国はこちら

「食糧人類」と検索してね